×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マンション売却する時に損しないための方法

マンション売却で損しないためには一括査定を利用しましょう!

マンション売却する時に、できるだけ良い条件で取引を進めるために利用したいのが一括査定です。

 

一括査定を使うのと使わないのとでは、マンション売却時の価格が数百万円も変わってくるような状況もよくあることです。

 

なぜ、一括査定を使うとこのように良い条件でマンション売却を進める事ができるかというと・・・

 

一括査定サービスは、サービス側で選りすぐりの優良不動産会社の中からあなたな状況に合った複数の業者から一括で査定を行う事ができるからです。

 

まず個人で優良な不動産会社を見つけるのは大変です。
万が一悪徳な会社に当たってしまったら、後で後悔しても取り返しがつきません。

 

さらに優良な不動産会社が、価格やサービスで競争するので、個別に査定を行った時に比べて当然こちらに良い条件が引き出されることになります。

 

そんなマンション売却でおすすめの一括査定サイトを3つご紹介します。
全て完全無料で利用できるので安心してご利用下さい。

 

RE-GUIDE
旧SBIが運営する安心のサービスです。


http://www.re-guide.jp/


イエウール
査定会社数が圧倒的に多いサービスです。


http://www.ieul.jp/


 

新居を購入して住み替えるためにそれまでの住居物件を売却したいというのもありがちなケースです。

 

 

 

そうした時は、購入の前に売却を済ませることがリスクマネジメントの観点では適正です。

 

 

 

間違いなく契約上は売約成立までこぎ着けていると言っても、実際に支払いが行われるまでは油断してはいけません。支払いが必要な時にお金が手元にないということを防止するためにも、無事に売却できる前提で先に購入しようとするのはやめておくのが無難です。マンションの売却に際しては、あらかじめ周辺の物件の相場を調査しておくことが肝心でしょう。

 

と言うのも、マンションの価値に対して不当な査定をされたとしても相場の知識がなければ気づけないので、利益をみすみす逃してしまうリスクが考えられるためです。それだけでなく、参考となる物件の相場の知識は交渉の時にも重宝するはずです。
できるだけ幅広く情報をゲットしておきましょう。

 

普通は、マンション物件を売る際の入金というのは、まずは、手付金、しばらくして、中間金、そして、最終金の三段階に分けてということが多いのです。
期間的なことでいうと、手付金の後、一ヶ月くらいしたら中間金を入金し、トラブルが起きなければ三ヶ月程後に、最終金が入金されます。

 

 

 

ただ、総額のうちの大部分は一番最後の最終金まで支払われません。
手付金を現金で支払うというのは珍しくはないですが、後のトラブル防止の意味合いもあって、売却主が指定した銀行の口座へ全て入金する事例が多いです。一般常識だけでは難しいこともあるマンション売却では、詳しい人に相談しながら進めるのがおすすめです。場合によっては仲介に限らずマンション会社のコンサルティングも利用できることがあります。
所有者が見落としていた物件の価値を専門家の見地から見つけ出してくれたり、可能な限り高く売るのに必要なことを指南してくれるでしょう。

 

コンサルティングに料金がかからない場合もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。
大抵の人はマンション物件を売り慣れていないものですから、売値を決める前に、ネットの一括査定を利用し、何軒かの不動産業者に物件の査定をしてもらうことが欠かせません。複数のマンション会社の査定額を揃えれば、相場がどのくらいか知ることができますので、相場に見合った売値を決めてください。それから、マンション業者にはコンサルティングも業務内容に含まれるところがありますから、ひとまず、相談だけでも行ってみて、もし、所有物件が最高額で売れたらどのくらいになるのか一考するのもいいでしょう。

 

マンションの売却に際し、なるべく良い不動産屋を選ぶために最重要なことと言えば、不動産屋が得意としている分野に売却する物件が合致しているかどうかです。
マンションに強かったり一戸建てに強かったりといった様々な不動産屋がありますから、自分が所有している物件に適合する不動産屋を選ぶことが肝心です。

 

 

 

そして、その不動産屋が全日本不動産協会といった団体に加わっているか否かも、信用できる業者なのかどうかのよい判断材料になります。

 

言葉の通り、不動産物件は売るのが大変で、コスト面でも売却時に色々な出費が発生します。代表的なものは、仲介業者には仲介手数料を支払いますし、不動産登記に関連する書類作成で司法書士に払う報酬、それから、譲渡税、売却する物件に住宅ローンが残っている場合は繰上げ返済費用などもかかるでしょう。

 

仲介業者の選択で、なるべく抑えた仲介手数料で依頼できれば、最終的な経費も幾分抑えられます。

 

一般的な場合においては、マンションを売却する際にはマンション会社を通しますが、人の手を借りずに売却するということはできるでしょうか。やればできることではありますが、売買の際に必要な書類の作成や交渉、および事務的な手続き、買主探しなどを一人ですべて行おうとするのはかなり時間と労力がかかります。マンション売却には専門性の高い知識が求められ、深刻な問題が起こる場合もあるのです。
餅は餅屋ですから、仲介手数料を支払って、不動産会社を活用するのが良いかもしれません。トラブルがあるのなら話は別ですが、マンション売却に伴って想定しうる不都合は、納税についてのことぐらいでしょう。しかし、注意しなくてはならないのは住み替えをするケースで、厄介な問題が起こることも覚悟しておく必要があります。売りに出したマンションに買い手が現れると見越して、既に転居先の購入が決まっているにもかかわらず、購入者がいないまま時間ばかりが流れて行き、当てにしていた売却金が調達できなくなる恐れが出てくることです。

 

例として、競馬や競艇における払戻金、それに、生命保険の一時金、損害保険の満期返戻金などが挙げられる、継続的に入ってくる収入の他に臨時的に入るお金は所得の種別で言うと一時所得になります。不動産売却でも臨時的にお金が入ってきますが、これは譲渡所得という別の所得区分に入ります。

 

 

 

所得税の課税時にも一時所得と別扱いです。
場合によっては特例が適用されることもあるので、必ず確定申告を行いましょう。
オープンハウスとなっている物件は、売り出し中に室内も含めて見てかまわないというのがモデルハウスと異なる点です。

 

その時点で居住者が退去していない中古の不動産物件の場合はインテリアがあるままですが、そのため「もし自分が住んだら」という感覚が得やすいのではないでしょうか。
それに、家と共にその界隈も歩いて回ってみれば、立ち寄りやすいお店は何があるかといったような暮らしの様子についても確かめておけるでしょう。マンション売却における白紙解除とは、融資利用の特約等が契約に盛り込まれていて、その条件が成就しなかったときに、契約の定めによる約定解除権が行使できることをいいます。

 

買主から売主に支払われた手付金は、白紙解除が行われた場合、残らず返還することになります。

 

普通は手付金の金額通りに額面通りに返還するのですが、契約条項に無利息での返還と書かれていないときは利息を付けての返還となることもありますから、心に留めておかなければなりません。それほど悪い点もないのに所有している不動産物件が売れずに悩んでいるのであれば、これからお話することを確かめてみましょう。

 

 

 

まず確かめることとしては、売ろうとしている物件をきちんと掃除してあるか、細かなケアはされているか、再度確認しましょう。さらに、仲介を頼んでいる業者が買い手をみつけるための努力を怠っていないかも確認しておいた方がいいでしょう。
この二つの確認が終わったら、売価が不適切ではないかを見直してみましょう。問い合わせすらもなかったら、残念ですが価格を下げたり、早く売却したいなら、買取という選択もあります。
内覧客が物件に良い印象を持つにはキレイで明るく広いと感じるようにしましょう。
昼でも照明は全部点けて、整理整頓や断捨離をして、部屋の中が広く見えるように物を減らし、あまりやらないところまで丁寧に掃除しましょう。一例としては、キッチンやお風呂、洗面台の水滴を残さないことでしょう。

 

 

こういったことに注意すれば、グッと印象が違います。

 

向こうは欠点をみつけようとしてくるというくらいの気持ちで売却物件のケアをしてください。利益が生じたマンション売却については、譲渡所得税の課税対象となることがあります。売主の所有していた期間が5年を超える不動産だった場合、譲渡所得税は所得税15%、住民税5%という税率を掛けて賦課されます。所有期間が5年以下の短期であれば倍の税率で課せられます。

 

 

 

いつ納付するかというのは、所得税は売却の翌年2月16日から3月15日の間に一括納付し、一方、住民税は四半期ごとの納付に分かれています。

 

可能な限り早い段階でマンション物件の売却先を見つけたいと思うところでしょうが、仮に、販売価格を下げるタイミングをしくじると不利益を生んでしまいます。

 

 

 

たちどころに値下げされた売却物件の場合、底値はまだだなと期待する買主が現れることでしょう。ですから、物件への問い合わせ数の推移などから分析し、売り出しから動きがないまま半年が過ぎたら値下げの検討を始めてもいいでしょう。
一概にマンションを売却するときはリフォームをするものだとは言えません。

 

そもそも、リフォームに何百万もかかっている物件にしても、売却価格がその分よくなる裏付けはどこにもありません。

 

どうしてもリフォームを行うのだったら、内覧で印象を決定づけそうな箇所に注力する方がコストを抑えられるでしょう。
それと、清掃などをしておき、明るさと広さを感じられるようにしておけば最小限度のリフォームでOKです。不動産売却では大きな額の金銭が授受されますから、必然的にある程度の経費もかかってきます。不動産業者への仲介手数料にしたって売却額に応じて高額になっていきますし、取引で利益が出た場合、譲渡所得税を負担しなければならないこともあります。取引書類を作成するのにかかるコストや印紙代もかかってくるでしょう。さらに、自分が住んでいる物件の売却ならば、引っ越し費用も見込んでおかなければならないでしょう。

 

 

 

ちょっとでも早く不動産物件の売買を終わらせたい場合に、確かな手段の一つが仲介ではなく買取で契約を結ぶというものです。買い手をみつけるまでの通常の手順を省くことができますから、全く時間をかけずに不動産売買が完了するでしょう。
ですが、残念ながら買取価格というものは購入希望者を探すのと比較すると安価になるといったマイナスの面もあるため、物件の売却価格より早さが大事だという場合に便利な手段です。

 

 

 

マンション売却の進め方は、多くの場合、マンション会社に掛け合っていくところから始まります。

 

 

次に、どんな物件か品定めがされて、それによって査定額が決定し、あるマンション会社と媒介契約の締結に至ります。
不動産会社が販売活動を行い、買主が見つかったなら、合意に至るまで価格交渉をしてから売買契約し、決済が済んだら売却物件の抵当権を抹消しておき、約束の引き渡し日の前に立ち退いておきます。
さて、不動産売買で作成する契約書は課税文書に当たりますので、印紙代が必要になります。契約書の記載金額によって印紙税額は異なり、高額な売買であれば数十万円も覚悟しなければなりません。

 

 

 

加えて、契約書が売主側と買主側でそれぞれ作成された場合は、一通ごとに印紙を貼り付けなければなりません。
しかし、この時の印紙税額を決定する金額別の段階は先ほどとは異なりますので、確かめておくといいでしょう。
「一般媒介契約」という言葉は、マンション物件を売りたい時に、複数業者への仲介を依頼する契約をいいます。

 

 

取り扱いが一箇所に限定されないため、広い宣伝効果が得られることもありますし、結局のところ、売買契約を仲介可能なのは一社ですから、他のマンション業者がまだみつけないうちに買い手をみつけて、どうにか仲介手数料を得たいと売り込んでくれたりして、それほど経たないうちに買い手をみつけてもらえる事例もあります。
でも、複数業者と繰り返し交渉したり、連絡をしたりということが必須ですから、一社と契約する方がいいと考える人も少なくありません。

 

 

さて、マンションを売却する時も税金が発生しますが、要注意なのが譲渡所得税と住民税です。

 

 

 

物件売却で利益が出れば、これらは必ず支払いが必要なものです。

 

ただ、住んでいた物件の売却であれば、3000万円が特別控除されます。

 

加えて、どれくらいの期間所有していたかで課税のされ方に違いがあるため、よく確認してから売却に入ってください。

 

 

急がば回れという言葉がありますが、とりわけ不動産売却は高額取引を行うわけですから、十二分に慎重な姿勢で検討することが求められます。

 

 

 

最も注意しなければいけないこととしては、中には非協力的な不動産会社も見られるという点があります。

 

仲介契約をしているにも関わらず売る気を見せなかったり、二束三文で買おうとするようなところもありますから、選ぶときは用心しましょう。

 

疑わしい点を少しでも見つけた時は、契約締結は控えましょう。

 

たとえ自分が所有しているマンション物件であっても売り払う際には権利書の提出が、必要になります。

 

 

権利書によって、土地の登記が既になされていることを判断することができ、実は、登記済証という名前が付いています。もし、それを無くしてしまったり解読不能な状態になっても再発行は不可能です。
ですが、弁護士であったり土地家屋調査士など、司法書士を代理人として立てることで、間違いなく本人であるという情報を提供することで対応可能です。不動産物件を売る場合には、印鑑証明、それに、実印の準備が必要になります。

 

なぜなら、法務局で行う所有権移転登記の際に使うため、不動産を購入する側の人は両方とも不要です。
でも、ローンで支払うなら違います。

 

 

ローンで支払うなら手続きの際に必要なものとして印鑑証明と実印と言われるでしょう。

 

 

さらに、連帯保証人がいる場合は必ずその連帯保証人の印鑑証明と実印がいります。マンション売却に際しての立ち退きの時期は、基本的には決定権を持つのは売却側です。
とは言え、住居人がいない状態で売り出した方がより高額に売却することができます。

 

 

 

住居人がいる場合、内覧時から顧客に忌避されることにもつながるので、できることなら速やかに部屋を空けておいた方が大きな利点となります。

 

 

基本的に不動産の売却を計画した場合は最初に不動産業者の価格査定を手配することになるでしょうが、しっかり掃除をしてキレイにしてから査定を呼びましょう。中でもマンションは、汚れひとつない状態にしておけばよいイメージを持たれやすくなります。それと、下調べに購入希望者が来る際にも必ず掃除をした上で、見せ方の面でも広く感じられるようできるだけ不要な物は見えないところにしまっておきましょう。
不動産物件売却においては、やはり、内覧がカギとなるのは間違いないでしょう。

 

 

 

忘れがちですが、売手が大切にすべきなのは、買い手視点でのマンション物件の確認を怠らないことです。

 

 

 

よほどの変わり者でない限り、買い手というのは、きちんとケアされていて状態の良い物件というのはいうまでもないことでしょう。売りたい物件のセールスポイントを理解してもらうためにも、徹底した断捨離を行い、掃除も丁寧にするなど、できることは時間をみつけてやりましょう。
極力大きな額をつけてマンションを売りたいなら、始めにあちこちのマンション業者に査定してもらうことです。

 

どこの業者に頼んだかで査定額に大きな違いが出ることも頻繁に見られます。あわせて、おすすめなのが専任媒介契約です。

 

宣伝に費やす予算が一般媒介では専任媒介より少ないため、すぐには買い手がつきません。

 

それに、専任媒介なら義務として依頼主に定期的な現状報告をすることになっています。